ザッピングカテゴリのエントリ

CPVリポート - ザッピングカテゴリのエントリ

自然派ワインは身体に優しいから…と思っていたら、自然派×天然素材とダブルになると、身体だけでなくハートと味覚に素晴らしく優しいことに気付いた今回のフランス産地巡り。行く先々での美味しいめぐり合わせに感謝!




<サンソー×マグロのタルタル>
ところはラングドック、モンペリエの街から北西に30km行った辺りにある小さな村、レ・マテル(Les Matelles)。我らがアネゴのカトリーヌ・ベルナール(だって40歳過ぎてからたった一人でワイン造りを始めて、しかも超旨くて、その上ハイテンション!!)のお気に入りレストラン「ル・ぺ・オゥ・ディアーブル(Le Pet au Diable)」に着いたのは正午もずいぶん回った頃。テーブルに着くなり、まずは持ち込みのカトリーヌのワイン、赤3本を試飲してようやく腹ペコのランチタイム。カトリーヌいわく「あー、お腹空いた。ねぇねぇアントレ、どうする?今日は魚の気分。何か魚、ない?」赤しかないのにぃ?まあ、いっか。

登場したのはバジルにパプリカ、オニオン、シブレット、松の実などを混ぜ合わせたマグロのタルタル。ボリューム満点、で、エイヤッとひと口。間髪いれずに『グレナディンシロップみたいな香りの軽やかで辛口の赤ワインを造りたいの!』という彼女の思い通りの仕上がりのサンソーをグビリ。これがよいのです。大き目のサイコロ状のマグロの食感に心地よいフルーティなサンソーのちょっとピノっぽい、ほんわり柔らかな口当たりがお見事!オリーヴオイルももちろんだけど、マグロのほのかな脂身が軽いながらも存在するタンニンと溶け合って・・・。
さっき見てきたでっかいピク・サン・ルーの岩山みたいに、大きくてゆったり気分になったテーブル一同だったのでした。

*Catherine BERNARD Cinsault 2007
*Le Pet au Diable Les Matelles TEL 04 67 84 25 25


<サン・ロマン×揚げ出し豆腐>
ボーヌのスーパー美味しい和食のお店はフィリップ・パカレなど地元の生産者はもちろん、我らがムッシュ・イトーの行きつけの店、「媚竈(BISSO)」。オーナーはワイン大好きのミキヒコさんとサチコさん。ワインの品揃えは垂涎モノ、オマケに料理も抜群とあってグルメにもお墨付き。さてっと、1日中生産者めぐりで疲れた体にエネルギーを詰め込むぞっ!
ワインはサン・ロマンといえば…のかのティエリー・グイヨを受け継いだラッキーな従兄弟、ルノー・ボワイエのサン・ロマン2006の白。厚みがあるのにしなやかで、ミネラルが心地よい…貝の酒蒸しにぴったりだわん、ムフフ。

そこに登場したのがキノコが載った熱々の揚げ出し豆腐!? この両方がそれぞれサン・ロマンと見事なまでのマッチングゥ。だし×だし=天国の組み合わせという結果になったのでした。つまり、貝を蒸したスープや揚げだしのお汁はおだしの旨みがたっぷり、そこにサン・ロマンのだし以上に濃縮した旨みが重なって、口中いっぱいの幸せになったというわけでした。「いやぁ、このワインの旨さはまさにだしだねぇ、旨いっ」思わず唸るムッシュ・イトー。あの満面の笑みが忘れられない!

*Renaud BOYER  St-Romain Blanc 2006
*媚竈(BISSO) 1,rue du Faubourg Saint-Jacques 21200 Beaune TEL 03 80 24 99 50


<アルザス白×ホタテのタルタル>
この日はアルザスで今、グングン頭角を現してきている新進醸造家ローラン・バルツを訪問。2004年が初ヴィンテージのニューフェイスながら、マスコミの評価はアルザスの大物並みの得点を付けているから、なかなかの本物。ワインは人を表すというけれど、真面目で素朴なローランのワインもどれも素直でナチュラルな優しい味わい。これが癒されるんですねぇ。グッとくる味わいとでもいいましょうか…。試飲、畑回りとひと通り終わったところで、さあ、ランチ。ローランの蔵のあるCOLMAR郊外の BENNWIHR村から車で走ること15分。TURCKHEIMは古い町並みが残るかわいい村で、ローランお勧めのレストランは「ア・ロム・ソヴァージュ(A L’HOMME SAUVAGE)」。アルザスはグルメで有名な土地だし、どうしようかなぁ…と迷いつつ、ランチメニューのホタテについつい。海は遠いし、地元の特産じゃないけど、好きなんだもん。で、アルファルファにチコリにサラダにミニトマトやシブレットがてんこ盛りのホタテのタルタルは鮮度抜群でフレッシュ。そこにローラン・バルツ ラシーヌ・メチス2007。

ピノ、シルヴァネール、リースリング、ミュスカの混醸でこちらもフレッシュ、果実味いっぱいでフレッシュの二乗。ホタテの甘みと潮味がワインの柔らかな酸味とミネラルにぴたりと寄り添って、爽やかなマリアージュってところでしょうか。これはお寿司なんかにもいいに違いない!ナチュラルさが身に沁みるランチタイムと相成りました。

*Laurent BARTH Racines metisses 2007
*A L’HOMME SAUVAGE 19,Grand’rue 68230 TURCKHEIM TEL 03 89 27 56 15



<シュナン・ブラン×生ガキレモン>
ロワールはアンジェの自然派といえばラブレー村のドメーヌ・デ・サブロネットのメナール・ジョエル。25年以上のビオ実践者で、とにかくワイン造りに熱心で人柄も最高にいい人、ちょっと早口だけど。そんな彼、最近、3時間かけてキュートで優しい奥様クリスティと友人とで時々、ブルターニュの海へ出かけるのだとか。海の雄大な景色を見てリフレッシュするのが気持ちいいそうで…。試飲と畑巡りにお邪魔したこの日の前日も、ブルターニュに行っていたとかで、大きな袋にいっぱいの牡蠣が…。ランチタイムの前菜は牡蠣にしたいけど…とのこと。大歓迎!「日本人って牡蠣食べるの?これ、海の浅場にいっぱいくっついてる天然の牡蠣だけど。大きすぎて、嫌?」トンでもございません!こんなに大きい岩牡蠣なんて、日本の料理屋さんで食べたら1個1000円はするし、日本人っていうか、私は牡蠣大好きだし。ここで牡蠣に会えるなんて!さあさあ…。
ワインはレ・ジュネ2006。シュナン・ブラン100%、フローラルナ香りでボリュームがあって酸味のきれいな白。「牡蠣には何付ける?僕たちはそのままかバターかな」そりゃ、レモンでしょ。試してみて。「レモンもいいね。さっぱりするし、潮の濃さが和らいでいいバランスだ」いざ。ワインにボリュームがありすぎなのでバターがいいのかしらんと思いきや、レモンひと絞りくらいの方が牡蠣のパワフルで濃いミルクのような濃縮感に、完熟したぶどうを使ったエネルギッシュなコクがビシッと応えて、抜群のコンビネーション。潮味にワインのきれいなミネラルもいい感じ。あー、至福…。もう1個、食べていい?…がついつい続いてしまった昼下がりだったのでした。アンジェに来てヨカッター!!

*Domaine des SABLONNETTES Les Genets 2006

というわけで、自然派ワインに魚介やら野菜やらの素材そのまま、ナチュラルな素材を組み合わせることで旨みや味わいがますます増して、これぞ!!というスッゴイモノになることを体感した毎日…。今日も飲もっと。


*上記ワインの問い合わせ先:
株式会社イーストライン 〒486-0812 愛知県春日井市大泉寺町大池下443−147
TEL:0568-82-1955 FAX:0568-82-1524

PLAISIRS MINUSCULES − 些細な幸せ

カテゴリ : 
ザッピング
執筆 : 
 2008-8-25 10:21

Ce matin, comme souvent, je prends un livre, au hasard, dans la bibliothèque. Lire me fait oublier l’heure de trajet jusqu’au bureau. Ce matin par hasard j’ai pris La première gorgée de bière et autres plaisirs minuscules de Philippe Delerm. Une suite de textes courts qui décrivent chacun des petits plaisirs simples de la vie. Ces petits plaisirs du quotidien, parfois plaisirs d’enfance qui à eux seuls nous rappellent que nous sommes en vie. Ici on est loin de la société de consommation, des grosses voitures et du voyage à l’autre bout du monde.
L’auteur met en lumière des petits moments simples de nos vies, des petits plaisirs qui nous remplissent d’un bonheur à la fois universel et tellement intime…comme par exemple…conduire seul la nuit, manger un croissant sur le trottoir en sortant de la boulangerie, la toute première gorgée de bière, aller au cinéma, lire le journal au petit déjeuner, enfiler un pull en automne, la nostalgie du dimanche soir…..
Tout en lisant je me demande « et moi quels sont les plaisirs minuscules de la vie qui me font voyager ? ». Alors, dans le métro parisien, entourée d’une foule anonyme, je me mets à rêver des instants simples qui m’envahissent de bonheur… le premier pique nique de l’année, le bruit du bois qui craque dans la cheminée, la voix de David Bowie, l’odeur d’un chai après les vendanges quand tout fermente dans les cuves, recevoir une carte postale, quand ma maman m’attendait à la sortie de l’école avec mon goûter, le bruit de la pluie, choisir un vin pour mes amis…. Et vous ?

今朝、いつもの様に私は本棚から一冊本を取った。本を読む事で会社までの通勤時間を忘れる事が出来る。今日はフィリップ・デレム「ビールの初一口と他の些細な幸せ」という本を偶然に選んだ。人生の小さな幸せを短いストーリーを通して説明しているのだ。日常感じられる些細な幸せ・・・今私達は生きていると実感させてくれる子供の時感じた楽しみ。消費社会や大きい車、世界の果てへの旅行とかからとても遠ざかっている世界だ。
巨大であると同時にとても親密している人生のシンプルな出来事や小さな喜びを、作者は照らしている。例えば、真夜中一人で車を運転する、パン屋さんから出て街中でクロワッサンを食べる、ビールの初一口、映画を見に行く、朝食に新聞を読む、秋にセーターを着る、日曜の夜の郷愁、などなど・・・
この本を読みながら私は自分の些細な幸せは何だろう・・?と考えた。パリのメトロの中、知らない人たちに囲まれ、私は喜びを感じる瞬間に付いて考え始めた・・・春になった時の初ピクニック、暖炉の中パチパチと燃える木の音、デヴィッド・ボウイの歌声、収穫後の醸造所の匂い、カードが届いた時、小さい頃おやつの時間にお母さんが学校の前に迎えに来てくれていた事、雨の音、友人へワインを選んでいる時・・
あなたはどんな時ですか?

Sandrine 翻訳 Asami

シチリアのポモドーロ♪

カテゴリ : 
ザッピング
執筆 : 
kimitake 2008-8-22 16:12
 ご無沙汰しています、きみたけです。 5月に夏が来たと小躍りしたのも束の間、6月以降今年の夏はもう来ないことが判明してしまいました。しかし、そんなことで諦める私ではありません。こうなったら行ける所まで南下してやろうと決意し、先週はシチリアまで行ってきました。  いい感じでしょ?寒いパリとは違って、カターニャ空港に着くや否や35℃!の暑さ。レンタカーの冷房を最大に設定し、いざホテルへ直行!カターニャから北へ60Km程行った所にあるレトヤンニという小さな村で、近くで有名な場所といえばタオルミーナになります。  取り合えず腹ごしらえということになり、やっぱりイタリアなのでパスタ!これがまた頬っぺたが落ちるのではないかという程に旨い!写真は手長海老とシチリアトマトのパスタ(22ユーロ也)、そして贅沢な雲丹のスパゲティー(20ユーロ也)!  そしてワインはシャルムというシチリアのロゼを頂きました。これがまた魚介類パスタにグンバツに相性良くて感激。 イタリアワインもこれから勉強せなあかんと思いました!                             それから次は青の洞窟。これってカプリ島のやつしかないと思っていましたが、イタリアには実は青の洞窟って沢山あるようでここシチリアにもありました。イゾラ・ベラという美しい海岸(ここって、フランス映画のグラン・ブルーの舞台になった場所だって知ってた〜?)へ行くと、いかにもアルバイトでやってそうな漁師さんが、「グロッタ・アズーラへ連れてくよ〜。お代は一人たったの15ユーロだぁ。さあ、乗った乗った。」みたいな感じで営業活動してる。グロッタ・アズーラってのがイタリア語で青の洞窟っていう意味。それで営業活動に負けて行って来ました。    いやあ、神秘的でとても綺麗でした。それで漁師のおっちゃんがその後でこれがワシ流だとばかり、大海原で突然エンジンを止めてイカリを降ろし、「飛び込め〜」!息子たちは引いてましたが私は船首から豪快にザッパーン!海中は見事にエメラルドブルーでした(写真でお見せできないのが残念)。 しかしシチリアで一番感動したのは、やっぱりポモドーロ(トマト)でした。世界一のトマトはパッキーノ産(シチリア南部)というだけあって、その旨さたるや、最早野菜ではなくフルーツでした。 この味を何とか表現しようと悩みましたが、最終的に到達した表現としては、種無しぶどうの味をちょっぴりトマトっぽくした感じ、となりました。 というわけで、シチリアはとても楽しかったです。

Paris Plage - パリ・プラージュ

カテゴリ : 
ザッピング
執筆 : 
 2008-8-14 11:32



今年もパリ・プラージュ(パリの海岸)の季節がやって来ました!
このイベントは2002年から行われていて、
バカンスにいけない人達のために企画されたものです。
アンリIVの橋からチュイルリー公園まで3Kmにも続く海岸。
年と共に規模も大きくなり、訪れる人、
そして催し物も増えていっています!









夏と言えばヤシの木!そして白い砂!デッキチェア、ハンマック、パラソルも用意されていて、パリジャンは皆くつろぎモード。水着を着て、南仏にバカンスに行ったかのように日焼けにいそしんでいます。








子供達も楽しめるように、プールや卓球、サッカーゲーム台も置かれています。大人のためにもビーチバレー大会やアクアジム、おじいちゃんたちの国民的スポーツ、ペタンク(金属の球を転がして標的に近づける遊び)の大会などが行われています。





そして夜になると今度は若者達で賑わいます。ジャズ、サンバ、サルサ、ヒップッホップなど、幅広いジャンルのミュージシャンやダンサー達が一生懸命3Kmの海岸を盛り上げてくれます!
皆で踊って歌って、行き交う人皆で演奏をしたり、ピクニックをしてみたりと、とてもパリとは思えないアットホームさです!とにかく楽しい!!

7月の半ばから8月中旬まで続くパリ・プラージュ。皆さんももしこの時期にパリに訪れる機会があったら是非遊びに行ってみてください!
6月中旬より、蔵元訪問をはじめ、早1ヵ月。訪問蔵元数30軒、走行距離は6000Kmを超えた。 どこを回っても今年のフランスの天候は厳しい。昨年同様雨が多く、晴れたかと思えば、また、雨。 ベト病で、今年の収穫量は激減しそうだ。 そんな中、自然派の生産者は極めて明るい! ぶどう畑に行くと、ほとんどぶどうの実がなく、これで 本当にワインができるのか、こちらが心配になるが、もともと収穫量も低く、自然栽培にて根っこが 深く地中に伸びたぶどうのポテンシャルは、厳しい年でも十分発揮できそうだ。 今回の蔵元訪問で、いつものごとくヴィニョロン達の熱いパッションはもちろん感じたが、もっと強く感じたのは「家族愛」。私達とのランチには、子供もおじちゃんもテーブルを囲んで、家族全員で歓待してくれた。  子供たちは、親の仕事に対して敬意を持ち、また、おじいちゃん達は、いまだ元気にぶどう畑を耕している。 ぶどうは、100年草、先祖代々引きつがれてきたものだ。みんな、そのぶどう畑を残してくれた先祖に感謝し、 また、次の世代にテロワールを残そうとしている。 そんな「家族愛」がワインの中に入っている!  Vive! La Belle Famille des Vignerons! ]       まさにみんな明るいひまわり家族!

Marque H top
CPV© 2006-2014 CPV Project