Christophe Foucher – La Lunotte の最高ビンテージ!

CPVリポート - Christophe Foucher – La Lunotte の最高ビンテージ!

Christophe Foucher – La Lunotte の最高ビンテージ!

カテゴリ : 
自然派ワイン情報
執筆 : 
 2010-11-13 21:05
今日はラ・リュノッテ*La Lunotteクリストフ・フシェ*Christophe Foucherさんが来てくれました!



相変わらずのボサボサ・ヘアはナチュール感そのもの!

ずっと熟成中だった2009年の白ワインも瓶詰めし終わり、2010年のブドウもただ今発酵中。

ですので、3日間、クリストフは地元を離れ、息抜きがてら、パリでのシティー・ライフを楽しみにしてやって来ました!

今日はそんな瓶詰めしたてのワインを持ってきてくれました!

2009年ビンテージは、彼にとっても自慢な年。
何せ赤にしても白にしても、
とても上品で飲みやすく、
フルーツ・テロワール・ビンテージの特徴全てが綺麗に引き出されているからです!







* * * * * * 早速試飲開始!* * * * * *



最初に試飲したワインはキュベ・オ・プレシ*Cuvée Haut Plessis

オ・プレシとは区画の名前。

ここでは 泥土と砂質のテロワールが特徴的で、ブドウ品種はこの地区独特のムニュー・ピノ、しかも70年!

この品種はジュラのサヴァニャンの従兄弟品種でもあり、香りが華やかでフレッシュ!
しかも、しっかりと樽で長い間熟成しているので、複雑感とエレガントさはバッチリ!

5月撮影。ちょうどブドウ木に葉っぱが生え始める時期。



キリッとした、柑橘類のような酸味のアタックの後、ハチミツのようなトロミ感が感じられ、
まるでサン・ヴェランのような味わい。
バランスがとても綺麗で真っ直ぐなワイン。ボリューム感もタップリあるのですが、
とてもフレッシュでジューシーなので、グイグイと飲めてしまう一本です!
友達とアペタイザーに飲むにはピッタリ!




そして2本目はキュベ・レ・ロシニュー*Cuvée Les Rossignouxです。

これは2つの区画で収穫された、50年のソビニョン・ブラン品種で出来たワイン。

テロワールは粘土とシレックス質。

そして先ほどと同じよう、14ヶ月間樽熟成されているので、味わいがとても深い!


同じく5月撮影。


マスカットのような、まさに熟成されたブドウのアロマ、そしてフレッシュ感を感じさせる香りが凄い!

『オー・プレシ』に比べると、よりスパイシーでパワフル感のあるワインです。

タンニンの渋みと少々感じる樽の香りが、とても綺麗に調和されていて、これもまた飲みやすい!

最後に広がる酸味は、徐々にりんごのような味に変わり、長く続く後味はとても華やかでサッパリとしています。
このワインは、お食事用にお勧めです!



2009年の品質は最高に良い!と言い切るクリストッフ。

『2005年も美味しかったけれども、2009年は僕の一番お気に入りビンテージになるかも。初めてこんなに美味しいワインが出来たよ!』と2年間雹や天候のわがままで納得いく収穫が出来なかった彼。

今年は丸み感あり、繊細さあり、ミネラル感あり、2008年とは全く違ったワインをお楽しみに!



La Lunotte に関する記事(1)はこちらをクリック!
La Lunotte に関する記事(2)はこちらをクリック!


ラ・リュノッテ のワインについてのお問い合わせは、こちらまでお願いします:
BMO 株式会社
TEL : 03-5459-4243
FAX:03-5459-4248
MAIL: wine@bmo-wine.com
http://www.bmo-wine.com

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cpvin.com/modules/vininfo/tb.php/491

Marque H top
CPV© 2006-2014 CPV Project