ダー・エ・リボのルネジャンが今週日本へ 〜 Rene-Jean DARD de DARD ET RIBO in JAPAN

CPVリポート - ダー・エ・リボのルネジャンが今週日本へ 〜 Rene-Jean DARD de DARD ET RIBO in JAPAN

ダー・エ・リボのルネジャンが今週日本へ 〜 Rene-Jean DARD de DARD ET RIBO in JAPAN

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
ITO 2008-3-3 13:26
伝説的先駆者ルネ・ジャンが日本へ行く。最近、本人はもう自然派ワインとは云いたくない。と云いている。
しかし、ローヌ地方では今は亡きグラムノンの元主人と二人で自然派ワインを造りあげた先駆者であることは紛れもない事実だ。
18年前、私が初めて訪問した時のワインは還元臭がビンビンにあった。その還元臭があってもそれを打ち消すほどの旨味に驚かされたワインだった。
当時の記憶を頼りに、今でも彼のワインを“還元臭の権化”だと批判する輩もいるほどだ。
しかし、2000年頃から洗練されてきて今では、全く還元臭がなくクリアなワインとなっている。
逆に昔のファンの中には淋しがっている人達もいるほどだ。私は18年前に行った時のことを今でも鮮明に覚えている。
蔵の中は、コンクリート・コーティングがされておらず土間だった。ホコリッぽかった。はっきり云ってお世辞でも清潔とは云えない蔵だった。
しかし、ルネ・ジャンも相棒のフランソワ・リボも若くてハツラツとしていた。

今では人生紆余曲折を超え、人間的にも“苦味”がわかるなかなか含蓄のある楽しい男になってきた。
生きる事がが好きな男だ!フランスでよくいう、『あいつは LA VIEが大好きだ!』つまり、気の合った友人達と楽しく、よく飲み、よく食べるのが大好きな男である。
風貌からは想像できないほど、繊細でシャイな男である。自分自身に実に忠実な男だ。自分に嘘が付けないのと同時に他人にも嘘が付けないところがある。つまり正直者で其のうえ頑固ものだ!
そんな性格から多くのファンに愛されている。
勿論、私も最も好きな醸造元の一人だ!彼といると自分が正直者になってくるような楽しさを感じる。
簡単に云えば、妙な気を使わなくてすむ雰囲気を備えているのだろう。

先日、『もう自然派とは云いたくないよ、俺は単なるダール・エ・ルボのワインなんだ!』
彼からすれば、自分が普通のワインを造っている、という感覚なのだろう。
それと最近、自然派と云いながらいい加減な造りをやっている醸造元が増えてきて、彼らと一緒にされたくない。という気持ちも多少あるのだろ。
そんなルネ・ジャンに是非会ってみてください。ワインも美味しいく!心が和むワインだ!!

〜 イベント日
3月6日 大阪
3月7日 札幌
3月8日 福岡
3月9日 長崎

〜 イベント問い合わせ  〜
野村ユニソン社 
担当 藤木 
TEL-03-3538-7854


伊藤 LYONにて

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cpvin.com/modules/vininfo/tb.php/37

Marque H top
CPV© 2006-2014 CPV Project