ギリシャ時代からの財産!ムレシップへようこそ!

CPVリポート - ギリシャ時代からの財産!ムレシップへようこそ!

ギリシャ時代からの財産!ムレシップへようこそ!

カテゴリ : 
自然派ワイン情報
執筆 : 
 2008-10-29 9:00





今日訪れたのは、アラン・アリエット*Alain Allierさん の元、ドメーヌ・ド・ムレシップ*Domaine de Mouressipeです
ローヌ地方とラングドックの境界にあるこのドメーヌでは、ギリシャ時代から伝わるムレシップ丘が有名。このエネルギーが満ち溢れている丘には、未だにその時代の硬貨などが見つかるらしいです!







優しい笑顔に天然パーマーとその渋い髭が印象的なアランさん。彼は何代もブドウを栽培醸造する家庭に生まれました。けれども実家は彼の兄が引き継いだ為、アランは25年前、自分の区画を購入して、その畑に新たにシャスラ、グルナッシュ、ムルヴェードルなどを植えたのです。2003年までは収穫したブドウの約80%を協同組会に売っていたのですが(残りの20%は自分用のワインを造る為取っておいたのだそうです)、2003年から、皆さんに飲んで喜ばれるようなワインを造りたいという意思で、このドメーヌを建て上げました。






彼のカーヴは自分の家のガレージ!小さいけれど、醸造するスペースは十分!けれどもこんなに少量だったらすぐ彼のワインは完売してしまうのでは・・・!








今年は雨が多かった年。彼のお父さんも、この町でこんなに降ったのは80年間生きていて初めてだ!とビックリ。雨のせいでアランは70%ほど収穫量が減ってしまいました。けれどもそんな事ではめげないアラン!量が減ってしまった分、残ったブドウの栽培に倍以上の手入れを兼ね、アルコール発酵もスムーズに進み、今年の出来具合は結構良かったと喜んでいました!




ムレシップの山




早速試飲開始です!

ジュ・ドゥ・ビュル*Jeu de Bulles
シャスラ・ヴィエイユ・ヴィーニュ100%、樹齢100年
土壌:粘土石灰質、青泥灰土、砂利少々
炭酸ガスを残すように瓶詰めをしてあるため、ブドウの果実がそのままシュワーっと口いっぱいに広がる感じが魅力的!とても爽やかで飲みやすく、アルコール度数も低めです。アペタイザーなどに嬉しいワインです!





キュベ・ル・トラカシエ*Cuvée Le Tracassier
エグラパージュをしたグルナッシュ100%、樹齢10〜35年
土壌:粘土石灰質、青泥灰土、砂利少々
トラカシエとは、 おっちょこちょいな人、世話を焼かせる人 と言う意味。
2007年が初ヴィンテージ!南仏のワインなので熟成度も高いのですが、スーっと体に染み込んでいくような、柔らかいワインです。





キュベ・ギャラピア*Cuvée Galapia
アリカンテ100%、樹齢10〜35年
土壌:粘土石灰質、青泥灰土、砂利少々
ギャラピアとはオック語で大食いな人、という意味。
2007年のギャラピアはシラー、サンソー、グルナッシュも入ったアセンブラージュだったのですが、今年はアリカンテ100%!普段は色が濃いワインなのですが、今年は薄紫で綺麗〜!ブドウの果実と酸味がしっかりと感じらる、フレッシュでフルーティーなワインです。


キュベ・カク*Cuvée Cacous
グルナッシュ70%、シラー30%、樹齢10〜35年
土壌:粘土石灰質、青泥灰土、砂利少々
カクとはオック語でカッコつけるという意味。
スパイシーで濃厚ですが、飲みやすくフルーティーなワインです。

キュベ・ルー・キャントゥンヌ*Cuvée Lou Cantoun
シャスラ100%、樹齢100年
土壌:粘土石灰質、青泥灰土、砂利少々
カクとはオック語で部屋のかどっこという意味。
今年は8月3日と20日、2回に分けて収穫されたシャスラを使用。気候のせいで収穫量が減った分、残ったブドウの熟成度が早かったそうです。シャスラの酸味がキリッと利いていてとても繊細なワイン!少々ドライなワインです。


他にも、今年初収穫したシラー100%ワインもありました。この畑は彼の家の隣に在り、今年購入したのだそうです。シラー100%ワイン、もしくはアセンブラージュ・ワインにするか、まだ迷い中のアラン。けれども新しいキュベが増えるので楽しみです!



とても話しやすくて少しシャイっぽいアラン。彼の今後の目標は、新たに区画を購入し、グルナッシュ・ブランや、彼の町と同じ名前の珍しい品種、サン・コムズを植える事です。
私は自分のワインを造ることが幼い頃からの夢でした。その夢が今やっと叶いました。ですから私は自信を持ちながら、愛を込めてワインを造っています。私はブドウ栽培を手伝ってくれている皆、このドメーヌを最初から応援してくれている友達にとても感謝をしています。私がいつも思っているのは、私のブドウ畑は自分一人で栽培しているのではない。80%は友達が栽培してくれているのだ!ということです。本当に皆さんに感謝しています。
とてもピュアで心の優しいアラン。今後も美味しいワインを造って下さいね!









最後は皆で記念写真!
オザミワールドの菅野さん、杉野さん、土居さんと。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cpvin.com/modules/vininfo/tb.php/217

Marque H top
CPV© 2006-2014 CPV Project