やっぱり絶品!パカレ訪問!

CPVリポート - やっぱり絶品!パカレ訪問!

やっぱり絶品!パカレ訪問!

カテゴリ : 
自然派ワイン情報
執筆 : 
 2008-10-23 16:44



やっと来ました、パカレ氏のカーブへ!!
自然派ワインが好きな人たちには欠かせない存在!
その大きな体と優しい笑顔が印象的。
44歳の彼は、以前プリウレ・ロックやドメーヌ・サーブルなどでも醸造経験があり、
まさに誰もが尊敬する醸造家です。
ワインへの愛情が、出会った瞬間から伝わるようなミステリアスなオーラに包み込まれている人です。
ちょうど収穫も終わり、現在ワインを造っている真っ最中!
パカレ氏も、2週間前は大忙しな時期だったけれども、今は少し落ち着いてホッとしていました。







醸造所に入った瞬間、醗酵中のブドウの匂いがしてきます。

とそこへ男性達が何かしています・・・
何だろう?と近づいてみると、一部の発酵槽はピジャージュ、マセラッションも終了し、ヴァン・ドゥ・グット(フリーラン)を抜きとって残ったグラップ・アンティエール(除梗なしの房丸ごと)のブドウをプレス機に掛けている瞬間をキャッチ!










発酵大樽に入っているブドウをバケツいっぱいに移し、プレス機に流し込みます。










そしたら何と少し前までブドウだったのが、液体となって下から出てきます!
これはまさに天然ブドウジュースです!
甘くて美味しいフルーツの香りがたっぷりです!








そしてパカレのカーブへと進入。
人気絶好調だけあって、入り口には瓶詰めされたばかりのワインが大量に詰まれています。






そして何といっても熟成中の絶品ワインがずらり!
パカレのワインは全てが繊細。
ミネラルも感じられ、なおかつ酸味もしっかりとあり、爽やかで味わい深いワインばっかりです。






特にジュヴレ・シャンベルタン*Gevrey-Chambertin ポマール・プルミエ・クリュ*Pommard 1er Cruニュイ・サン・ジョルジュ07*Nuit-Saint-Georges 07 などはバトナージュもしているので、更にアロマティックに造り上げられています。バトナージュとは樽内ワインの澱をかき混ぜることです。バトナージュをするによってタンニンがまろやかになり、澱に含まれている香りや成分が、ワインにより感じられるようになります。









オザミワールド菅野さん土居さん


ブルゴーニュ・ブラン*Bourgogne Blanc  を試飲中。
3年もかかってやっと手に入れたピノ・ブランの品種はとてもレアだそうです!
フルーティで酸味もキッチリと感じられる、今後期待のワインです。










伊藤さんも声が出なくなるほどの美味しさ!思わず記念にパシャ!











パカレ氏の説明を聞きながら懸命に試飲する菅野さん土居さん杉野さん。皆さんも絶品の味わいにビックリ。パカレ氏も皆さんに飲んで貰えて嬉しそうな表情です!




他にもたくさんのワインを試飲させて貰いました。


- オークセイ・デュレス 07 * Auxey-Duresses 07  (シャルドネ)
エレガントで少々ドライな白ワイン

- ポマール07 *Pommard 07 (ピノ)
酸味とタンニンがしっかりとしているワイン

- シャンボール・ミュシニ・ヴィラージュ *
Chambolle Musigny Villages
 
 酸味がキリッとしているワイン




- シャンボール・ミュシニ・プルミエ・クリュ *
Chambolle Musigny 1er Cru
 
真直ぐで繊細な、優しい感じのワイン

- ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ «ベル・エール» * Gevrey Chambertin 1er Cru « Bel Air »  
パカレのワインで最もミネラルなワイン

- ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ «レ・ペリエール» * Gevrey Chambertin 1er Cru « Les Perrières » 
ベル・エールよりまろやかで酸味がキレイなワイン   

- ジュヴレ・シャンベルタン «レ・シャルム» *
Gevrey Chambertin « Les Charmes » 

タンニンがしっかりとしていてパワフルなワイン



- ラヴォー * Lavaux 
タンニンと香りが一瞬で口の中に広がる感じなワイン

- レ・ルショット * Les Ruchottes 
新樽で熟成中。滑らかでエレガントなワイン

- サン・オーバン・プルミエ・クリュ « レ・ダン・ドゥ・シアン » * Saint Aubin 1er Cru « Les Dents de Chien » 
酸味と甘さのバランスがとてもキレイなワイン





何故これほど美味しいワインが造れるのか?とパカレ氏に聞いた所、

『僕のワインへの愛情は、人を愛する愛情から生まれているのだ。人が好きじゃないと良いワインは造れない』
と情熱的な答えが返ってきました。

これからもその気持ちを世界中の人々に伝え続けて欲しいです。



12歳の娘、アニアちゃんと

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cpvin.com/modules/vininfo/tb.php/211

Marque H top
CPV© 2006-2014 CPV Project