レ・グリオットへ - Les Griottes (ASAMI)

CPVリポート - レ・グリオットへ - Les Griottes (ASAMI)

レ・グリオットへ - Les Griottes (ASAMI)

カテゴリ : 
自然派ワイン情報
執筆 : 
 2008-7-16 13:15


今回もまた内容が濃い旅となりました!初日からハイテンションな叔父様名コンビのお二人を乗せ、出発進行!!
今日は7月10日。バカンスシーズンということもあり、道は大困難!しかも空にはスピード違反を確かめるポリスのヘリコプターまでが飛んでいます・・・!ここはアメリカですか?!




そんな中最初に訪れたのはロワール地方、サン・ランベール・デュ・ラッテの町に存在するレ・グリオットのドメーヌ。石で出来た小さな醸造所の中で待っていたのはパトリック・デプラ氏とセバスティアン氏。





とても似ているこの二人。けれども家族ではなく、友達同士。優しく話しやすく、全然物質主義者ではない二人は、生活に必要な物のみで生きているシンプルな人。モットーは、ワインとは自然の力で自然に造りあげるもの。絶対に人間が手を加えてはいけない!!







さすがに自然派だ。パトリックは足を怪我していて、パンパンに膨れ上がっているのに病院には行かず、自然の力で治療中だそう。見ているだけで痛そう!!でも辛さなんて全く見せず、ワインを美味しそうに飲んでいる・・・良いのか悪いのか・・・







セバスティアンが注いでくれるこの赤ワインはまだ実験中。色んな実験、ブレンドを試しながら美味しいワインを造っているこの二人。なので樽の中にはいつどんなワインが出来るか分からない状態。まさにサプライズがいっぱい!









サンドリーヌもお勉強中!ワインも美味しいけれど食べ物にも手が出てしまう!でもまだランチではないですよ!







そして畑へとレッツ・ゴー!シスト質の土の表面には石がごろごろと転がっています。この中を葡萄の木の根っ子が通って行くのですから凄いですよね!そして土も驚くほどフワフワしていて気持ち良い!足がグニュって土の中に入っていく触感がまたたまらないです!








葡萄の実も大きいです!しかも美味しそう・・・!でもまだまだ食べごろではないです!後2ヶ月の我慢です!もっともっと大きく甘〜く育つのでしょう!









そして醸造所へ戻りピックニック・タ〜イム!朝買ってきたチョー新鮮な魚介類、豚肉、野菜にフルーツ!絞りたての牛のミルクで出来た自家製チーズ!全部ビオ栽培で出来た食べ物ばっかり!なので何も付けなくても十分に美味しいのです!甘くてシャリっとした歯ごたえも、パリでは絶対に味わえない新鮮さです!








買い物用バスケット。緑の野菜やハーブの上にパンがチョンとのっています!まさに田舎風で可愛くないですか?!





               ザリガニとウナギのフュメ!







摘みたてのさくらんぼ!パリに比べたら種も小さく実が引き締まっています!
甘〜い!








テーブル代わりの樽を囲んでお食事!昔風で楽しいピクニックとなりました!皆ガッツリ食べていっぱい飲んで満腹です!







最後は皆で記念写真!お客さんもニッコリと満足そう!手に持っているお花(アキレ・ミルフイユ)はハーブティーに抜群!ビオディナミにも使用されている花です!気持ちを安らぐ効果があるのだそうです。畑でいっぱい咲いていました!やっぱり自然はいいですね!

レ・グリオットのパトリックとセバスティアン、オザミワールドの丸山さん、クロスロードの有馬さん

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cpvin.com/modules/vininfo/tb.php/152

Marque H top
CPV© 2006-2014 CPV Project